こんばんわ ゆるゆる蒟蒻です(ペコリ

今日は(5月28日) 重複している株主総会の中でJ.フロントリテイリング(3086)の株主総会に出席してきました (´▽`*)

もちろん、百貨店株を幾つか保有している中での相互の比較もしたかったと言う部分もあったので、今回は松屋(8237)を見送ってJ.フロント(3086)の総会に参加することに。

P2015_0528_093301


<場所:ニューピアホール : 携帯の電波は良好>

お土産は先渡しで頂けます。
飲み物のコーナーもあったようですが、時間も時間だったので今日は確認せずに会場に。

AM10:00定刻になり株主総会の開始


<総会内容>

① 開会の宣言と、社長の総会の議長への就任宣言
② 監査報告
③ 報告事項(事業報告)
④ 対処すべき課題
⑤ 決議事項の説明

と来て ⑥質疑応答

質疑応答

No.1

<質問>

①: 現在開発中の上野松坂屋南館が完成したら従来のように本館と連絡通路を設けるのか?

<回答>

①: 将来完成の時点で地下に百貨店、地上1~6階にはパルコと東宝シネマを備え、それ以降のフロアーはオフィスビルとして機能するように考えている。本館と南館の連絡は重要だと考えているので連絡通路を設ける予定になっている(但し、以前の様に屋上で繋げることはしない)。


No.2

<質問>

①: 銀座再開発が完成した際に売上や収益の貢献はどのくらいになるのか?
②: 株価が1100円から2200円になってきたが、セミプロによる空売りの残高が多く売り込まれている様に思われる。もっとJフロントの収益性についてアナウンスをした方が良いのではないか?

<回答>

①: 銀座はB1~6階までは商業施設で7~13階はオフィスとなる予定だが、現状では賃貸料を含めて交渉中であり正確な数字は出すことが出来ない。
②: 株価に関しては、投資家の皆様に評価をしていただけるように業績を上げる事により株価の上昇をはかっていきたい。


No.3

<質問>

①: 大阪の心斎橋店で解体処分市をした際に、酒のコーナーでは地下の酒売り場のをそのまま持ってきて同じ値段であったことや、4月に芋焼酎7680円の品を解体して3本に分けて売っていたが、解体してもただ3等分しただけで化粧箱に入っていないのに、結果として化粧箱入りと同じ値段であると言うのはどういうことなのか? 大阪の心斎橋店に言っても埒が明かないので、今日わざわざ大阪からやってきて直訴をした。

<回答>

①: ご不快な思いをさせてしまい真に申し訳ございません。売り場の責任者等も含めて、大丸の本部において適切な処置をしていきたい。本当に心よりお詫び申し上げます。


No.4

<質問>

①: ROEの目標値は?

<回答>

①: 日本の企業の平均的な数値として8%を目標値しており、期間を設けてはいないが8%を目標としたい。昨年2014年は5.3%であり、2015年は5.4%となる予定である。勿論、法人税や繰り延べ税金資産等についてを考慮しないと7.3%になるが、これはこれとしてであり中期3ヵ年計画で5.8%を達成をしたい。


No.5

<質問>

①: 個人情報保護や情報セキュリティについて

<回答>

①: セキュリティの基本理念を設けて大丸松坂屋各店、システム担当部門、各子会社において浸透を図っている。Pマークを取得をしてそれに準拠した扱いを進めると共に、ISIMの取得を考えている。またウィルス対策や緊急時の対応において24時間体制で臨んでいる。システム利用においては、IDやパスワード・指紋認証やアクセス解析等の対策をしている。


No.6

<質問>

①: 銀座・上野の再開発のオフィス部分についての展望について
②: 松坂屋大丸のクレジットカードは他社に比べて年会費がかかるものとしては現状では見劣りがする。来店ポイントの廃止や催事でのポイントがつかないのはスタンダードのカードではメリットが減少しているように思われる。

<回答>

①: 上野のオフィスについては、三菱地所リアルエステートとの間で良い感触を得ており、想定している賃料での募集が可能と考えている。銀座については世界の銀座の中でも優秀な土地に位置しているのでかなり好調に進むと考えている。
②: 会員様との繋がりを持つのがカードであるし、クレジット会員を非常に大切に考えております。カードの情報提供機能やお客様との関係においてどのようなコンシューマーツールとして新しいプログラムを構築するかについては、今後積極的に考えたいと思っている。


No.7

<質問>

①: 千趣会との提携は、非常にベビー用品や出産用品について痒いところ手が届くような品揃えでとても良かったのですが、Jフロントの株主として、今後、千趣会の割引を設けるなどはないのでしょうか?

<回答>

①: 千趣会はインターネットを中心にした販売に強みを持ち(2000年から開始して売上の80%をインターネットが占める)、我々はインターネット部門が弱い。他方、千趣会は40代以降の弱く、我々は40代以降に強みをもっている。店舗でもインターネットでもと言うオムニチャンネル化で相互に補完をしえると考えて提携をしました。株主様へのサービスは今後検討をしていきたい。

No.8

<質問>

①: 株価が好調であるが、株主構成に変化はあるのか?
②: 以前、東京大丸には大丸ミュージアムがあって良くイベントを催していたが最近は殆ど行われていない事について

<回答>

①: 単元の引き下げもあり株主数は6000名増加している。株主構成については昨年の2月と比較して外人が21.8%から19.3%に下がっており、同じ分国内の機関投資家の割合が増加しているので、外国人投資家が売った分の受け皿として国内機関投資家が機能している
②: 以前は公共の美術館や博物館も少なかったが、昨今は公共のものや企業のものも増え、百貨店における文化催事の意義が変わってきていると考えている。大丸東京では文化催事を殆ど実施していないが、名古屋松坂屋では文化催事をおこなっていたら、大阪心斎橋ではファミリー向けの家族催事を実施しており、店舗店舗に即して文化事業を検討したい。

No.9

<質問>

①: クリック&コレクトのコンセプトについてお伺いをしたい。様々なブランドが集まっていると考えるべきなのか。ネットで注文をして店舗で取り置きをすると事なのか。自主事業なのか。

<回答>

①: スタート当初、大手アパレルを中心に構成をしていたが、徐々にファッションを中心に47ブランドまで増えてきている。百貨店ビジネスはアパレルが弱いのでファッション中心に構築をしてきている。2月末からは自主的な取扱いを始めている。現状ではファッションを中心にして店舗に来られて事前にチェックして、店舗でも自宅でも受け取ると言う選択が可能であるし、千趣会との提携も含めて今後も考えていきたい。

と言う形で9人の方が質問に立たれていました。

昨年の松屋同様に受け答えが丁寧であると感じるのは百貨店と言う事での客商売と言う部分に起因するものが大きいのでしょう。特に販売担当の好本取締役と企画担当の藤野取締役の応答にはその辺が滲み出ていました。

そして、山本社長ですが、この方はなかなかに独特のオーラを放っていて、非常に統率力の高い御仁であるなと言う印象を。

そういう意味で、株主総会は質疑応答からのヒントもさることながら、それぞれの取締役の方の顔を直接拝見が出来ると言う意味で非常に重要なものであるな……と再認識。

諸所の計算書類(財務諸表)等も大事ではありますが、実際に会社の運営にあたっているトップの方々の雰囲気を直接感じることが出来ると言うのは、一般の投資家にとってはありがたいものであります。

勿論? この雰囲気で保有しておこうかと言う判断になったり、処分をしてしまおうかと言う判断になったりと言う事もあるでしょうが、それはそれで貴重な情報を得ていると言う事でもありましょう。



さて? 肝心のお土産のほうですが……タオルでございます!

P2015_0528_164046
P2015_0528_164053


< J.フロントのマーク(富士山をモチーフと総会でも出ていましたが)のついて紙袋 >

P2015_0528_164124


P2015_0528_164326


P2015_0528_164339


P2015_0528_165232


< 純白なタオル~~~ Jフロントの中核である大丸と松坂屋のマーク入りのレアなタオルですねぇ >


と……言う訳で……J.フロントの株主総会&お土産でございました~~~



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8343102245625173"
data-ad-slot="6937242444"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 株ブログへ