こんばんわ ゆるゆる蒟蒻です(ペコリ

先日の決算が減益であるにも関わらず新日鐵(5401)は大幅に上昇

四半期決算が良かった東電(9501)も大幅に上昇

同じく、四半期決算が良かったコロプラ(3668)は大幅に下落

と言う現象から……単純に業績の良し悪しと言う事だけでは無く、それが期待値や今後へどのように繋がるのか?と言う事が吟味される相場の地合いがちらほら……

今日は、引け後にソニー(6758)の好業績の発表とタケダ(4502)の減益発表がありましたが……これがどの様に評価されていくのか?

まぁその辺に今後の東京市場の先行きと言うか上昇の目途が隠されている様な気がします。

現在までのところアベノミクスは順当に来ていると言うのが一応の理解でありましょうが、先の4月以降は安保法制への下準備と言う事もあって官製相場が引かれている訳ですが……

NYSEと言うコントロールのお手本があると言ってもあちらは30銘柄、こちらは225銘柄と銘柄数が違うのでコントロールしづらくなる局面も出てくる筈……そして、何よりも資金が流入&循環してこその株価の上下動と言う事になりますので、やはりこのままでは辛い。

そして、ここのところ観ているとやはりチャートがシンドイ主力株が多い中で(三尊のものが目立つような)、その悪化しつつあるチャートを転換させるには、それなりのボリュームと調整が必要になるのも。

と言う事を考えつつ……今日の新日鐵や東電の棒上げの様な狼煙は非常に好感が持てるわけで(勿論、新日鐵が底打ちしたとは難しいが)、この手の重量級の銘柄群が上がっていくと言う事があって初めて日経平均の@22000超えになるのでは?と

アベノミクスが成功するために株高は必須の要素であるわけですが(無論、それは日本と言う国の変化の端緒を成功させる事が出来るかどうかと言う政治と経済の裏返しの部分にもなりますが)、日銀によるETF買いと円安誘導だけでは20年にも及ぶデフレを断ち切る事は難しい様な気がします。

それは、別にITバブルの様にソニーが@16000円を超えると言う事ではありませんが、少なくとも主力ハイテク株と銀行株を筆頭に、日本を代表する銘柄群(01銘柄)が活況を呈すると言う事が必要な条件になるのではないでしょうか?

1945年以降の日本の在り様をどう評価するかは難しいものですが、少なくとも2013年以降に変化を生じさせようとする事で一つのサイクルが終了して違うサイクルがスタートする……と言う出発点になり得るのであれば、それは株価的にもそれに伴った値段を現出する事になる(西洋的に言えば必要になる)のではと思う次第(コンドラチェフサイクルが2039年を目途にしているとは軽く驚きましたがw)。

と言う事で……どういう位置づけであれ、少なくとも歴史の1ページに名前を残す事になった安倍政権下における「政策の道具」である金融市場が巧く機能することを念じつつ……

「鉄は国家なり」
「エネルギーは国家なり」
「鉄道は国家なり」………と言う色々なフレーズがリフレインをしつつ(w
「○○は国家なり」と言う新しいヴァージョンの登場を切に願う訳です( (;・∀・) まぁソーシャルゲームではなさそうですがwwwww )

P2015_0721_214555


< 暑い暑い熱い!!! いずれは海に行かなくて室内に海の家を作るんでしょうねぇ@秋葉原駅 >



にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 株ブログへ